ごあいさつ

伊佐治文朗

 私は医師となってまず生命を助けたいと思い心臓外科の道を選びました。
このことで内科的疾患を十分に把握しつつ医学の道を歩むことができました。
心臓の手術の後、一晩二晩と患者さんの脇で治療してきたことでこの度の地域医療に必要な「献身さ」が身についたような気がします。
しかし専門家であっても専門馬鹿であってはならないと常々考えておりました。
時を移して消化器外科及び肛門の治療に取り組んでまいりました。
今後はこの経験を生かしてより的確な医療を献身的に提供できるよう全力を尽くします。

ドクターズファイル掲載記事

院長略歴

昭和49年
日本医科大学 卒業
三菱名古屋病院 外科
昭和56年
名古屋大学病院第一外科(心臓外科グループ)
昭和58年
豊橋市民病院 心臓外科医長
昭和59年
名古屋大学心臓外科
犬山中央病院外科部長
東濃病院(現:岐阜社会保険病院)外科手術部長
平成5年
医療法人いさじ医院 開院